講師紹介

  • 講師プロフィール

    羽鳥 千賀子(はとり ちかこ)

    はとり音楽教室
    • 鹿沼市 西沢教室のある場所で生まれ育つ
    • -幼少期-
      家で童謡のレコードを聴きながら、飛んだり跳ねたり歌ったりした記憶が残っています。
      すごく楽しかったなあ♪
    • -ピアノを習いに-
      「ピアノを習いたくても習えなかった」という母の思いからピアノ教室に連れていかれました。
      ピアノを弾くこと、習うこと、当時の先生はバスティンを使っていましたが、その楽譜がどんどん進むのも、少しずつ難しくなっていくこともとても楽しかったのを覚えています。
      学校以外のお友達と仲良くなれたことも素敵な思い出です。
    • -暗雲も立ちこめる-
      コンクールを受け始め、予想外に良い結果が出た最初のころは良かったのですが、次第に舞台で失敗したらどうしよう、予選で落ちたらどうしようという不安な気持ちや、もっと上位に入りたい・・という欲。今までの楽しかっただけのピアノとは違う気持ちも出てきました。
      田舎の学校でしたのでスポ少が盛んな地域。「なんでスポーツしないの?」と仲間外れにされることも・・。
      そんなことが嫌で一度だけ母に「ピアノ辞めたい!」と言った事がありました。母は「6年までやりなさい」と一言。私は「6年までやったら辞めていいんだ」と終わりました(笑)
    • -中学・高校-
      中学ではいつも合唱の伴奏をやっていましたね。本当は歌いたい気持ちもありながら・・そして中3で進路を決めるとき、普通科に進んでほしかった両親とは裏腹に、勉強から逃げ(笑)音楽科に進学。
      楽しい高校生活が待ってると思いきや、ソルフェージュ力の無さに打ちのめされました。
      ピアノも自分が思っているようなレッスンとはかけ離れていて、伸び悩み悶々とした日々を送っていました。
      ここで母が立ち上がります!ピアノの先生を変えたんです!学校では前代未聞・・といわれました。
    • -恩師との出会い-
      ご縁があり恩師 播本枝未子先生、倉沢仁子先生に師事。
      これまでの自分の音楽、そしてテクニックが全く間違ったものでした・・・衝撃でした・・・
      お二人の素晴らしい先生のレッスンのより、自分の演奏・テクニックは劇的に変化。「脱力して弾く」という初めての感覚はいまだに忘れられません。そして今までのピアノが間違っていた・・・という衝撃が大きすぎて、今までも低かった自己肯定感がどん底に・・・人には言えない人生の闇に入っていった気がします。
      しかし、東京でのピアノレッスンと音大受験で、そんな闇の部分に蓋をして無我夢中でピアノと向き合いました。
    • -御木本メソッド-
      倉沢先生のレッスンの中で御木本メソッドに初めて出会いました。
      どの指が動きにくいのか?それを改善するためにどこの筋肉をどうトレーニングするのかなど、それまでとは全く違ったアプローチで教えて頂きました。
      ひたすら練習・・・の無駄な努力を沢山してきた私には本当に衝撃でした。
    • -大学へ-
      浪人するも国立には受からず、東京音楽大学ピアノ演奏家コースへ入学。
      学校での試験に受かる為、良い成績を取る為、持ち前の根性と体力で必死に大曲を弾き続けた4年間でした。
      素敵な友達は沢山できましたが、自分のピアノの根本的な部分はこれで良いの?という疑問、不安、怒り・・・どん底に落ちた自己肯定感のまま卒業しました。
    • -学生時代から教室を始める-
      卒業翌年には結婚、二人の愛娘に恵まれ、あっという間に二人は現在高校生と中学生。中学受験も経験しました。
      子育てもひと段落♪と思った矢先、なんと次女が不登校に・・特に原因が見つからず、いろいろと調べていたらなんと、私の自己肯定感の低さに起因してることにたどり着き、また衝撃。
      そこからは自分を大切に、自分に嘘をつかず、自分のやりたいことを始めようと決心。
    • -再び御木本メソッドを学ぶ-
      自分のやりたい事=自分のピアノを何とかしたい!!と2021年12月からレッスンに通い始めました。
      毎回のレッスンが目から鱗!!なぜ自分のピアノが上達しないのか、身体科学から紐解いていくレッスン。
      自分が夢中になってピアノに向き合う日々を送っていると、突然次女が学校に行き始めたのです!驚きました。
    • -自己肯定感・私ができる事-
      年々不登校の数は増えていて、この問題は子供に限りません。
      『ありのままでいいんだよ』『あなたはあなたのままで、そのままでたーーーくさんのパワーを持ってるんだよ!!』『輝いているんだよ!』って受け入れてあげたら、声を掛け見守ってあげたら、絡まった糸が少しずつ少しずつ解れていくかもしれません。そんな声掛けをいつでもできるピアノの先生でいたいですね♪
      子供たちがありのままの素晴らしい自分に気づいて生きていけるお手伝いをしていきたいと心から願います。
  • 篠﨑 加奈子(しのざき かなこ)

    はとり音楽教室
    • 宇都宮市出身。宇都宮短期大学附属高校音楽科卒業。
      東京音楽大学声楽演奏家コース首席で卒業、同大学院修了。
      ウィーン国立音楽大学研究科声楽専攻修了。
    • 第2回東京国際声楽コンクール審査員特別賞受賞。
      第3回日本歌曲コンクール入選。
      読売新人演奏会、ウィーン市祝祭週間演奏会等に出演。
      「第九」等のソリストを務める他、「魔笛」「ラ・ボエーム」「トスカ」「フィガロの結婚」等のオペラにも主要な役で数多く出演。
    • 2016年の栃木県総合文化センター創立25周年記念公演では「蝶々夫人」のタイトルロールを務め、好評を博す。
    • 現在、県内外での演奏活動をするとともに、小さな子どもたちを対象とした歌の指導や音楽活動にも力を入れている。ヴェルデ会会員。
    • 趣味の方から上級を目指す方、音大や教育学部の受験生まで丁寧にレッスンいたします。
      一人一人に適した体の使い方や呼吸法、様々な角度からアプローチしていきます。一緒に楽しくレッスンしていきましょう。
    • 【 これまでの生徒の主な進学先 】
    • 学芸大学(教育・音楽)
    • 文教大学(教育・音楽)
    • 宇都宮大学(教育・音楽)
    • 埼玉大学(教育・音楽)
    • 昭和音楽大学(音楽学部・ミュージカル)
    • 宇都宮大学(教育・音楽)
    • フェリス女子学院(音楽学部)